がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

詳しく見る

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

詳しく見る

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

詳しく見る

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

詳しく見る

咽頭にできるがんとは

医者

咽頭がんは、自覚症状のない病気で、それがあらわれた時には病状が進行している場合があります。がんの発症する咽頭の部位によって症状は違ってきます。治療はおもに放射線療法と化学療法が行われ、がんが大きい場合は外科療法が行われます。

詳しく見る

胆のうの悪性腫瘍

相談

胆のうがんは胆管の途中にある胆のうという袋状の臓器に発生する悪性腫瘍です。胆石、加齢、膵胆管合流異常、食生活の乱れなどが原因となって発症します。高齢化に伴い、患者数は増加してくとも考えられますが、医療の進歩によって早期発見が可能となったため、死亡率は低くなると予想されます。

詳しく見る

再発や転移はがんの特徴

ドクターとナース

がんの一番恐ろしいのは転移をすることです。がんの再発には二種類あり、手術ですべての癌細胞を取り除くことができずに同じ場所に再発するもの、そして血液やリンパによって運ばれ他の臓器で成長を行う転移がんです。

詳しく見る

定期的に検診が大事

ハート

がんを患ったら、完治と言われても転移に注意しましょう。転移しても初期であればあるほど良いため、主治医の顔を見に行くつもりで毎月検診を受けましょう。またセカンドオピニオンの利用も有効です。がんが初期段階ではなくても、ブレーンが2つあれば選択肢も広がります。

詳しく見る

ピンポイントで攻撃が可能

ドクター

がんの治療方法に、放射線治療がよく行なわれていますが、健康な細胞にまでダメージを与えます。そのため、がん細胞のみをピンポイントで照射するサイバーナイフが多くの病院で行なわれています。しかし、症状によって出来ない場合もあるため、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

詳しく見る

病気を治すために

医者と看護師

プライマリーセルは人間の本来持つ治癒力を引き出す効果のある細胞です。誰もがもっている内臓における細胞を病気のある部位に対して定着させることによってその効果が発揮されます。プライマリーセルは今後も広がりを見せると言えます。

詳しく見る

新種の病原体を検出

病院

私たちの血液中に侵入してきた病原体を特定する方法に免疫沈降があります。今後は、より少量のサンプルからより短時間で結果を得る免疫沈降が開発されると予測されます。より正確な結果を得るためには、複数の種類の抗体を使う、サンプルである血液は事前にきれいにしておくといった工夫が必要です。

詳しく見る

病気を良く知る

病院

発病のメカニズム

日本人の死亡原因のトップにが癌(がん)という病気があり、日本人の2人に1人はがんを患うと言われています。がんの発症メカニズムに関して話をすれば、そもそも人間の体を構成している細胞は数億とも言われており、細胞の発生と代謝を繰り返し、このことを新陳代謝と言います。正常であれば、新陳代謝を繰り返すのですが、正常な細胞であれば必ず、生まれ変わりをします。皮膚を例に挙げて言えば、新しい細胞が生成されると28日間でターンオーバーを繰り返します。逆に言えばターンオーバーにより新たな細胞を自身の身体で作り出す仕組みをもっているのです。しかしながら、がんの場合、代謝することなく無尽蔵に細胞分裂を繰り返し、正常細胞をも巻き込んで病巣を大きく成長させます。

根治出来なくても治療可能

がんの検診などで再検査を促される場合で、既に進行してしまっている状態で、原発巣から転移しており、ステージ4である場合、告知を受けた多くの患者ががっくりと肩を落とし、落胆するでしょう。ただ、ステージ4の進行してしまった状態で、既に根治不可能であるケースや転移巣が見られる場合は、気落ちするのは当たり前なのかも知れません。ただ、進行してしまったがん患者の場合根治は難しくても延命期間を長くすることは可能となります。現在ではセカンドオピニオンが一般的となり、現在の主治医以外の診断を受け、また最新の治療を受けることも可能です。また、遺伝子レベルの検査にて生存期間を伸ばすための分子標的薬治療なども行われています。分子標的薬は転移巣のがん細胞にも効果を発揮し生存期間が延長された例も多いです。転移したががん細胞は転移先でも無尽蔵に増殖するため、がんの進行を止める必要があります。この期間を長くすることが生存期間を延ばすことになります。自身の病状の把握と治療への意欲を出すことが生存期間を延長する要素となります。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.